FXで破産しないために注意すべきこと

FXに限らず投資家が一番知りたい話、「失敗、破産しないために注意すべきこと」をまとめてみました。

 

分不相応なハイレバレッジをやめる

追証で自己破産になる人も多数いるという現実を見ましょう。

経験を積めば積むほど、建て玉が小さくなることは、

5年以上生き残っているトレーダーなら皆知っています。

 
『FX の魅力はハイレバレッジを利かせられるところ!』

というアホみたいな謳い文句は、

素人を手玉に取るためのキャッチコピーには最適ですが、

それは結局、一攫千金の博打を煽るものでしかなく、無意味です。

 
FXで失敗しないために、FXを有益な投資にするために、レバレッジの設定は分相応にすることが賢明です。

 

余剰資金で行う

最悪失っても生活に問題が生じないお金を使いましょう。

どのようなトレーダーも連戦連勝とはいきません。

必ず負けるシーンに遭遇します。

負けるシーンは予兆なく、突然訪れます。

その時、生活が破綻することは、FXで取り返しのつかない失敗をしたことになります。

 

利食いが早く損切りが遅いのはダメ

遅い損切りを肯定するトレーダーはなかなかいないでしょう。

無限の資金があれば、損切りをする必要はありませんが、

FX でお金を稼ごうとする場合、損切りの遅れは致命傷となります。

いわゆるコツコツドカンという典型的な失敗例です。

 
しかし、人間の本能は利小損大を好みます。

ほとんどの人がFXで失敗するのは、このためです。

自分は例外と考えるビギナートレーダーは多いです。

しかし、それは自意識過剰でしかありません。

FXで失敗しないためには、人間の本能に抗うことが重要です。

⇒ 利小損大のメカニズム 参照

 

ロスカット(損切り)をしないのはダメ

ロスカット(損切り)を嫌うのは当然です。

負けを確定する行為は、人間の本能に逆行します。

確かに為替相場においては、放置すれば90%以上の含み損ポジションは助かるのかもしれません。

しかし、それまでに口座残高が尽きれば、終わりです。

 
無限の資金がある者のみ、ロスカット(損切り)の必要はなくなります。

そのような者は、FXをする必要がないのですが。

 
資産を増やしたいFXトレーダーにとって、損切りしない未来には失敗が待っていることは明らかです。

⇒ 利小損大のメカニズム 参照

 

好成績を実力と過信しない

少し慣れてくると、運を実力と勘違いしてしまいます。

投資の世界でいうところの実力は、キャリアにのみ存在します。

ストラテジーのないビギナーズラックでの勝ちを過信してはいけません。

FXで失敗する人は、自分の実力を見誤り、過信している人に多いです。

 
なお、FXの実力は、キャリアに比例します。

なぜなら、実力のない人(FXで失敗する人)は早々に退場するため、キャリアを積めないからです。

キャリアを積めば、過信とは程遠いトレードを執行するようになります。

キャリアを積んで初めて、過信とは何かがわかります。

FXで失敗する人は、過信に気づくことなくマーケットから退場してしまいます。

 

売買ルールを守る

自身で決めたトレード手法(売買ルール)を守らなければなりません。

FXで失敗しないためには、売買ルールは利大損小が好ましいと考えられます。


Posted in HEADLINE NEWS. Bookmark the permalink.

Comments are closed.