地金型金貨

主に投資用に鋳造された金貨の種類。通常、その価格にはプレミアが加算されて販売される。代表的なものにメイプルリーフ金貨(カナダ)、イーグル金貨(アメリカ)、パンダ金貨(中国)、ウィーン金貨(オーストリア)などがある。重量は1kg、10トロイオンス、2トロイオンス、1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンス、1/20トロイオンスがあり、金貨には収集用金貨と地金型金貨の2種類があります。収集用金貨は、骨董価値や希少価値により価格が決まり、金貨に含まれる金の価値より高い価格で取引されるのが通常です。一方、地金型金貨は、加工代などが極力抑えられ、金地金と同様に毎日の金価格に応じて価格が決まります。地金型金貨は少額用投資に適しています。


Posted in タ行, , 用語集 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.