格付け

信用リスク(社債や国債などの元本や利息の回収が困難になる可能性)を判断するためムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)などの格付機関が発表している指標。AAAやBB+のような記号を用いて表記される。格付けが高い(信用度が高い)ほど債権の発行者にとっては有利に資金調達が可能となるが、逆に格付けが下がる(信用力が低いと判断される)と、資金の出し手側はより大きな金利を求めてくる、あるいは資金を出したがらなくなるなど資金調達において不利となる。

Posted in , カ行, 用語集. Bookmark the permalink.

Comments are closed.