練行足

練り足(ねりあし)ともいい、タテ軸に価格をとり、一定の値幅(もしくは変化率)を超えて価格が変動するごとに行を変えて陽線もしくは陰線をつないでいく。ただし、一定の変化が見られない場合は何も記入しない。見方は、陽線から陰線に陰転すれば「売り」、陰線から陽線に陽転すれば「買い」シグナルと見る。


Posted in ラ行, , 用語集 and tagged , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.