量的緩和策

2001年3月に導入された金融政策で、(1)金融政策の操作目標を金利ではなく日銀当座預金残高に置く、(2)コアCPIインフレ率が安定的にゼロ%以上になるまで続ける(時間軸政策)、(3)当座預金残高目標達成のために必要に応じて長期国債買切りオペを増額するなど。2006年3月に解除され、政策目標は再び、無担保コール翌日物金利となった。


Posted in ラ行, , 用語集 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.