マンデル

フレミング(MF)理論のこと。 1)金融緩和に関しては、国内の金利を引き下げ、所得を増大させることで自国通貨安となる。 2)財政支出を拡大することは金利を引き上げることになり、結果として自国通貨高をもたらす。 3)外国が国内金利を上昇させた場合、自国通貨が安くなる。 4)輸出入を促進させる政策が経営収支に与える影響を考えた場合、為替レートが目論見とは反対の方向に変化するによりその効果は相殺される。


Posted in , マ行, 用語集 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.